2019/02/16(土)ジェネリック二郎の異名を持つコンビニ麺のような何か。

今日はグルメレポートを書いてみます。

コンビニエンスストアのセブン-イレブンが発売している
『中華蕎麦とみ田監修 豚ラーメン(豚骨醤油)』
価格は510円(税抜)

tomita.jpg

※写真の商品棚はイメージです

最近色々なところで話題をかっさらっているアレです。
所謂「二郎系」と呼ばれている麺類が、ついにコンビニでも買えるようになっていたのです。
そんなわけで、自分もいっとくしかねえなと前々から思いつつ、今日ついに買っちゃいますた。

50E60CB7-B0B0-48BC-9268-F8E12DCCE5AD.jpeg

ちなみに、写真これしか撮ってませんでした。💦

お家に持って帰って夕食として食べました。
加熱時間の目安は500Wで7分20秒。大物なので、やはりそのくらいは温め時間が取られるのかな。

ビジュアル、匂い、口当たり。
どれもたしかに二郎系を意識しているなーなどと。

だがしかし、
ホンモノの二郎や、二郎系インスパイアの各店と比較しても、
店で食べるものとは違い、味もボリュームも物足りなさを感じる。
新鮮さが全然足りていない。

色々調べてみたら、
チャーシューや野菜等の具材を足したり、2つ買って一気に食ったりしている人もいる模様…。
そのぐらいの事するなら、店舗へ出向いて食ったほうが、まだコスパ良いような気がするw

ネガティブな事ばかり書いてしまいましたが(これ自分の悪い癖…)
商品化としては大成功していると思う。
実際とても売れているらしいので。
話題性や、手軽にどこででも食べられるという点では良い商品ではないかと。

二郎に直接行くまでの気分ではないが、
カジュアルに食べてみたい時には良いかもしれない。
OK キャンセル 確認 その他